Level:⭐️

Level:⭐️
新しい音楽を知るキッカケになる。

Level:⭐️

【アルバムレビュー】マイケル・ジャクソン:スリラー

アルバム『スリラー』(Thriller)の凄さは“マイケルによるブラック・ミュージックのポップへの昇華”だと思う。 前作『Off The Wall』を踏まえての次作『スリラー』でマイケルは新たな音楽的挑戦が求められていたのではないだろうか。 そしてその成功による“キング・オブ・ポップ”の称号獲得と言えよう。
Level:⭐️

Radiohead(レディオヘッド)の聴きやすいアルバムランキング

Radiohead(レディオヘッド)といえば、良さが分からない、難解と良く言われている。その一方、彼らの作品群は各種メディアで高い評価を得ているのは事実であり、良さの理解が望まれるバンドであるだろう。今回のランキングはRadiohead(レディオヘッド)の入門的な意味で「聴きやすさ」=「良さの理解しやすさ」を観点として順位づけを行う。
Level:⭐️

ニューウェイヴの名盤5選

ニューウェイヴに近い音楽ジャンルとしてポストパンクやニューロマンティックなどあるが、はっきりとした線引きが無いのが事実だ。だが一言で言うとニューウェイヴとはポスト・パンクにディスコや電子音楽的要素が加わったものと捉えてもらって構わない。今回はそんなニューウェイヴという音楽ジャンルを代表する王道のアルバムを5つチョイスする。
Level:⭐️

音楽ジャンル解説-ガレージロック・リバイバルとは

本記事ではガレージロック・リバイバルとはどんな音楽ジャンルであるのか紹介していく。またそれに伴って源流となったガレージロックについても掘り下げる。そしてザ・ストロークス(The Strokes)やザ・リバティーンズ (The Libertines)を始めとした2000年代に起こったリバイバルムーブメントを考察していく。
Level:⭐️

アルバム解説 – 聖なる館(Houses of the Holy) – レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)

ツェッペリンの売りのハイトーンかつ激しいギターは影を潜めた。代わりに煌びやかなサウンドスケープが広がる。そして本作はツェッペリンのキャリアの中でも異色の作品である。だから本作を通してしか見れない彼らのサウンドがある。そして邦題の「聖なる館」というタイトル通り、ミステリアスかつ美しく、少し不気味な世界観のアルバムである。
Level:⭐️

Jamiroquaiとは何だったのか?ジャミロクワイを深掘る5つのトリビア

音楽ファンなら皆大好きなジャミロクワイ、しかしながら楽曲はたくさん知っているものの彼のキャラクターや人柄を知るファンは少ないのではないだろうか。 今回はジャミロクワイの知られざる逸話から彼の人柄を覗いてみたい。
Level:⭐️

ダサくない!広い音楽性を持つArctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)

日本では略してアクモンと呼ばれる"Arctic Monkeys"(アークティック・モンキーズ)はフロントマン、アレックス・ターナーを中心として結成されたイギリス出身の四人組バンドである。今回はそんな多彩な音楽性を誇る彼らのディスコグラフィーの概要を最短で追えるロードマップを用意した。この記事で”Arctic Monkeys”がどんなバンドかわかるはず!
Level:⭐️

現代のツェッペリンと呼ばれるGreta Van Fleetとは

今回は現代のロックシーンを担うバンド"Greta Van Fleat"について紹介していく。彼らが大きく影響を受けているのはハードロックと呼ばれるジャンルだ。音楽性はもちろん服装などの風貌もハードロックの直系と言えるだろう。そして今、ツェッペリンなどを中心とした70'sロックファンが彼らに熱狂している。
Level:⭐️

アルバム解説-Room On Fire-The Strokes

”Room On Fire”以降、彼らはガレージロックを踏襲しつつも独自のサウンドを追求し始めるため、本作が純粋なガレージロックリバイバルの集大成と言えるだろう。そしてこの”Room On Fire”は歌詞の世界観だけで見ると「うまくいかない男女関係」をテーマにしたコンセプトアルバムのようにも見えて楽しい。
Level:⭐️

バンド紹介-Sundara Karma

確かに他のバンドと比べる華は無いのかもしれない、「スケールをなぞるだけのギターソロ」だったり特に技術的に凝った事もせず、ボーカルの歌もそんなに上手くなかったかもしれない。それでも同世代の若者がステージで輝いている姿に憧れた。ストレートなインディーロックとして”Sundara Karma”は十分楽しめますよ!
Level:⭐️

アルバム解説–Definitely Maybe–Oasis(オアシス)

今回紹介するのはオアシスのファーストアルバム”Definitely Maybe”。なんと言っても「オアシス伝説」の始まりを感じさせてくれる一枚だ。そして強気な事にその一曲目が「俺はロックンロールスターだ!」という曲だ。そして現在、オアシスはその称号に恥じないロックの王者として君臨し後世への影響を与え続けている。
Level:⭐️

アルバム解説-V-The Horrors

今回紹介するのは”The Horrors”(ホラーズ)が2017年にリリースした”V”というアルバムだ。そして本作はダークで不気味な世界観を持つがこれは幽霊的な怖さでは無く、SF的な怖さだと思う。「溶けた人間の顔が混ざり合った」アルバムジャケットや機械という意味の”Machine”という曲が含まれていたりする。
タイトルとURLをコピーしました